アフリカモロッコの健康の秘訣アルガンオイル

subpage01

これまで健康に大敵と言われてきた食用油の摂取ですが、現在は体に良い新鮮なオイルを取ると体にとって良い効果があるとわかり積極的にとることを推奨されています。

その神聖なオイルを取る際に選ばれているのが木の実由来のオイルであり、そのオイルの中でも注目を浴びているのがアルガンオイルなのです。

アルガンオイルとはアフリカ北部のモロッコ周辺に自生する植物アカテツ科のアルガンノキ属に属するアルガンノキの種を採取し、その種を乾燥させて焙煎した後に機械もしくは現地では石臼で挽いて出てきた液がアルガンオイルとなります。

アルガンオイルは現地では料理に使う時もありますが、基本は肌や髪に質感を与えるために塗ることが多いです。



なぜ肌や質感を与えるために使うのかというと、このアルガンオイルにはビタミンEと良質な不飽和脂肪酸が含まれているからです。


アフリカ大陸の大半は南半球と赤道直下であるため1年を通して温暖な気候に恵まれているのですが、その温暖な気候のデメリットは太陽からの紫外線が強く悪性の活性酸素が生まれやすいことで肌荒れはもとより体に蓄積して害をなします。

エキサイトニュースについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

そこでアルガンノキはそんな有毒性の高い紫外線から自分自身と新しい種である種を守るために、自分自身で肌の保護効果のあるビタミンEと細胞の活性化を促し悪性の活性酸素を無害化する不飽和脂肪酸を作り出すことで守っているのです。つまりこのオイルを定期的にとることによって、肌の老化を促進する悪性の活性酸素を無害化できるので健康に良くなります。

生キャラメルサイト利用者からとても評判です。

ただし度のオイルにも言えることですが、空気に触れた段階で酸化が始まるので開封したら1週間で使いきることと種由来は基本的に熱に弱いのでドレッシングにして取ると効果が上がります。